Parallels2の日記

2005-05-08

[]Transactions

Boston Red Sox
Activated RHP Wade Miller from 15-day disabled list and optioned LHP Lenny DiNardo to Triple-A Pawtucket. Purchased the contract of RHP Cla Meredith from Triple-A Pawtucket and designated RHP Blaine Neal for assignment.
Chicago White Sox
Designated C/INF Jamie Burke for assignment and recalled LHP Kevin Walker from Triple-A Charlotte; Acivated INF Willie Harris off the Bereavement List and optioned INF Pedro Lopez to Triple-A Charlotte.
Pittsburgh Pirates
Released C Benito Santiago. Placed OF/INF Craig Wilson on the 15-day disabled list with torn tissue in the knuckle of his left middle finger; purchased the contract of OF Ray Sadler from Double-A Altoona.
Toronto Blue Jays
Placed C Gregg Zaun on 15-day disabled list and purchased the contract of C Andy Dominique from Triple-A Syracuse.
Washington Nationals
Activated INF Henry Mateo from the 15-day disabled list and sent OF J.J. Davis outright to Triple-A New Orleans.

[]Chi White Sox at Toronto including Oakland at NY Yankees 06:47

スタメンと途中出場選手の区別がつきやすいため、タイトルのBOXSCOREのリンクyahoo!MLBに変更しました。

ホワイトソックスvsブルージェイズ戦をメインに視聴しながら、合間にヤンキースVSアスレティックス戦を見ました。最初は後者をメインに見ようと思ったんですが、ムシーナの投球を見て勝敗が見えてしまったのでこういう形で。

てなわけで、ホワイトソックスの試合に行ったのは2回の井口の打席からでジャストホームランを見ることができました。

7本の本塁打が飛び交う空中戦だったのですが、印象に残ったのは4盗塁を決めたポセドニックの鬼っぷり。ブルージェイズ先発のリリーも調子悪かったんでしょうが、隙見せたらすぐさま走ってくる感じで。大量得点差がついたため4つで盗塁をやめましたが接戦だったらもっとやってたでしょうね。ブルージェイズのゾーン捕手が気の毒になったですよ。

今日のポセドニック

1回表
レフト前ヒットで出塁→井口の打席で盗塁→エベレットのファーストゴロで3塁へ→コナーコの本塁打で得点
2回表
2アウトから四球→井口の打席で盗塁、送球エラーで3塁へ→井口本塁打で得点
4回表
先頭打者。四球で出塁→エベレットの打席で盗塁→さらに3盗→コナーコの本塁打で得点
5回表
ショートゴロ
8回表
4-6-3のダブルプレイ

結局3打数1安打3得点なんですが、5本中3本の本塁打に絡んでますし、それらを誘発したのは彼の足だと思わずにいられません。なにか生き急ぐような走りっぷりです。「太く短く」やってやろうと思ってるのかもしれませんですね。今日の走りっぷりには尋常でないなにかを感じましたですよ。

わたしが見た本塁打はいずれも「あれっ、あれっ」っていうような、まるで外野フライみたいな打球の本塁打だったので、ヘンな空気の流れになってたのかも。

ホワイトサイドウォーカーの元横浜リレーも見られたし、珍しいラス・アダムズの本塁打も見られたので結構お得な試合でした。お得。

今期絶好調でこの試合もなかなかのピッチングだったガーランドが5回に突然崩れたのは謎でしたが、単に電池が切れただけなのかもしれませんね。プレシーズン戦で見たときはひどい印象だったので。

試合展開のわりには楽しめた試合でした。

A's vs NYYはムシーナの試合、のひとことで終わってしまいますね。モッカ監督も「チャンスがなかった。3/4も初球ストライクだったし、すべての球種で我々を凌駕した。ベリーグッドだね」みたいなこと言ってるし。

またしても勝てなかったブラントンが気の毒なんですが、こんな良い投手とあたっちゃうなんでめぐり合わせが悪い人だなあ。

[]Pittsburgh at Arizona

先発ジョシュ・フォッグの危なげないピッチングを堪能。彼とキップ・ウェルズホワイトソックス放出組で当時はえらい損したといわれたのですが、今となっては良い思い出ですね。

3対2の僅差なんですが、14安打で3点しか取れないパイレーツと2安打で2点取ってるダイヤモンドバックスはなんか対照的で面白かったですね。いつかタイムリーも出るだろう、みたいな感じでガンガン打っていくパイレーツも戦略も大味でいいなあ。

この試合の見所はパイレーツ二塁手、ホゼ・カスティーヨの守備。取れないだろうみたいな打球を2つもアウトにしてしまうんですからたまげた。打つほうはイマイチだけど、あれだけやってくれると使いたくなるでしょうね。アリゾナクレイトンの堅実でありながら華麗な守備もさすが。老いてますます盛んというか、円熟の味というか。

緊張感あふれる、という試合ではなかったですが、メジャーリーグ見てるんだなあ、という試合でした。

アリゾナサイドスロー左腕、ハビアー・ロペスを見られたのも収穫でした。スタイルとしては阪神吉野に近い感じでしょうか。もうちょっと速球のキレがあればなあ、とも思いますがアレは打てないでしょうね。右打者でも膝元に投げられたらお手上げだと思います。