Parallels2の日記

2005-08-25

Parallels220050825

[]MIL 6-4 FLA 大家先発試合

勝:大家友和(9勝7敗)敗:AJ・バーネット(12勝7敗)S:デリック・ターンボウ(4勝1敗28セーブ)

本塁打カルロス・デルガド(25号)

通算で1勝10敗と大の苦手のお魚軍団。この試合も肝心な場面で長打を打たれる、という典型的大家の負けパターンでした。カルロス・デルガドにドカン、ドカンと4打点を献上。と大家の結果だけ見るとありゃりゃな感じなんですが、それ以上にトンデモなかったのがFLAの守備陣でした。

デルガドタイムリーで初回に1点先制。マウンドには7連勝中のAJ・バーネットマーリンズファンにはゆっくりの試合なはずが1番打者リッキー・ウィークスがまずセンター前ヒットで出塁。1アウトのあと3番ライル・オーバーベイがセカンドへ絶好のダブルプレーコースへゴロ。終わった!と思ったら名手ルイス・カスティーヨが打球をはじき、ボールライトへ転々。1死1、3塁。打席にはクラッチ・ヒッターのカルロス・リー。同点のチャンス!しかし結果はピッチャーゴロ。嗚呼!と思った矢先、今度は投手バーネットが一塁に悪送球。またしてもライトボールが転がる間にウィークスとオーバーベイが生還。リーも3塁へ。ここでジャック・マッキーン?監督が猛抗議。リーの走塁がラインの内側っぽい、送球妨害じゃないか!と。結構な時間やってましたが、認められず。マーリンズのローリアオーナーの心配顔(監督は74歳と高齢なので)が印象に残りました。

この後もまだエラーラッシュは続いて2死3塁でビル・ホールショートゴロをアレックス・ゴンザレスファンブル。結局この回すべてエラーがらみで3失点とメジャーのレベルでは珍しいものを見せていただきました。

ブリュワーズでまともに点が入ったのは5回のリーのファーストゴロ、三塁走者生還、だけ。ウィークスに打点ついてますが、これもライトジェフ・コナインがエラーしなかったら微妙なあたりだったので、実質クラッチ・ヒットなしで勝利したようなもんです。なんかマジカルな試合でしたね。大家チャリティで招いた恵まれない子供たちがブリュワーズに力を与えたのかもしれませんね。

バーネットはこんな不運に恵まれながらも淡々お仕事してました。今日もよい球投げてたです。

この前、大家の勝ちを消したイブランドが見事に2回をパーフェクトリリーフ汚名返上の働きでした。ターンボウもいつもどおり見事な火消し。こういう試合もあるんだなあ、というのが試合を見ての感想でした。

[]Transactions

Arizona Diamondbacks
Recalled RHP Jason Bulger from Triple-A Tucson and optioned RHP Greg Aquino to Triple-A Tucson.
Chicago White Sox
Outrighted RHP Matt Smith to Triple-A.
Kansas City Royals
Placed INF Donnie Murphy on the 15-day disabled list with a fractured right finger; Purchased the contract of OF Aaron Guiel from Triple-A Omaha; Transferred RHP Steve Stemle to the 60-day disabled list.
Los Angeles Dodgers
Placed OF Milton Bradley on the 15-day disabled list with a torn patellar tendon in his left knee and recalled OF Mike Edwards from Triple-A Las Vegas.
Seattle Mariners
Recalled RHP Jeff Harris from Triple-A Tacoma; Optioned RHP Clint Nageotte to Tacoma.
Washington Nationals
Placed OF Ryan Church on the 15-day disabled list with a right fifth toe fracture.