Parallels2の日記

2005-10-11

[]LAA 5-3 NYY

参照リンクMLB - New York Yankees/Los Angeles Angels Box Score Monday October 10, 2005 - Yahoo! Sports

異常に老けてたマイク・ムシーナ腰痛でダウンしちゃったバートロ・コロン。なんかプレーオフとも思えない前半戦でしたが、両チームとも二番手ががんばって楽しませてくれました。なんかダイヤモンドが小さく見えるブラディミール・ゲレーロのベースランニングとか、ジェイソン・ジオンビーのずっこけスライディングとかヒザの金具がひっかかって一回転のダリン・アースタッドとか走塁系のみどころが多かったような。

2回のババ・クロスビーとゲーリー・シェフィールドの激突エラー(記録上はアダムケネディーの

三塁打)が決勝点になったわけですがなんか悲しいプレイだったですね。松井の気の毒なほど気負った姿勢も悲しかった。

トーレ監督はやることなすこと裏目にでて、もうNYY監督としては終わっちゃったのかなあ、なんて思っちゃいました。今日のクロスビーのエラーもいつもどおりバーニー・ウィリアムズを入れていたらありえなかった(多分、おいついてない)エラーだし、そのあおりでジオンビーを一塁に入れたら小さなエラーを積み重ねて2点を余分に与えちゃってるし。打線もそれぞれが一流であるだけに必要以上に責任かんじちゃって全然つながらないし。こういう悪い流れでもキッチリ仕事したデレク・ジーターと打撃面でのジオンビーはさすがだなあ、と。

LAAギャレット・アンダーソンが打撃でも守備でもゾーンに入ってたけどそれ以外の人は普通だったんで、NYYの自滅のイメージが非常に強いです。ティノ・マルチネスをスタメンから外しちゃった時点でかなりやばいんじゃないかと思ってた(このシリーズ一塁手の守備が勝敗を分ける場面がすごく多いです)のですが、それにしても悲しい負けというか。

LAAクローザー、K-RODもいつも以上にずっこけてて気合入ってましたが、打者を寄せ付けない勢いはなかった。

9回はジーターが出塁して(ここでアンダーソンの好守備が出て単打どまり)チャンス到来だったんですが、A-RODがなんの工夫もないダブルプレー。このプレーは重い。この後打線がつながってたんで。ここで進塁させてれば…と流れが変わった場面でした。なんつーか、こういう場面でこういう結果しか出せないというのは、バンビーノの呪い引っかぶってんじゃないかと思いますです。

梅田さんもかかれてますけど、来年NYYROSTERがどんなんになってるか楽しみ。付随してBOSも動きそうなのでなお楽しみ。今オフこそイチロー取っちゃうんじゃないですかね、BOS

[]井口の昼寝がYahoo!のトップに

ちょっと笑いました。

[]HOUが白い人ばっかり、という話題

たしかアフリカ系アメリカ人メジャーリーガーが減ってるというのが問題視されてる、というのを雑誌で見たことがあります。シリーズ終わったらチェックしてみます。HOUだけの問題じゃないかもしれない。ラティーノがたくさんいるからアフリカ系が減っても目立たないというか。HOUの白い人ばっかりってのは単にルートがないだけかもしれない。時間が出来たらHOU過去10年のROSTERとか洗ってみます。

[]松井秀喜の行き先

シカゴ・カブスあたりをオススメしておきたいです。彼の責任感の強さが生きそう。いまのままNYYにいてもなにもいいことなさそうな気が。