Parallels2の日記

2006-04-25

[]クリス・カプアーノ奮闘で5割復帰(未見)

T             1   2   3   4   5   6   7   8   9      R  H  E 
ATL (9-10)    0   0   1   0   0   0   0   1   0      2  4  1  
MIL (10-10)   0   0   0   1   0   0   2   0   X      3  5  2  
W: C. Capuano (3-2, 3.00); L: K. Davies (1-2, 4.56); 
SV: D. Turnbow (7) 
HR: MIL: C. Koskie (1). 
Umpires: Crew P(HP: Tom Hallion)
Weather: 69 degrees, cloudy. Wind: 7 mph, Out to LF.
T: 2:33. Att: 11,660.

コリー・コスキーの一発で勝負あり。勝ちました!

リリーフ陣もカプアーノからマット・ワイスデリック・ターンボウの「勝利の方程式の解」が見事に機能し、磐石。ブレーブス打撃陣が弱ってるから自慢できたことじゃないんですけどね。

恒例のリッキー・ウィークスのエラーが今日もありました。しかも二つ。いつもの送球と、捕球ミスです。現在7で単独トップ(でいいのかな)。2塁手のエラーシーズン記録は1880年と1883年に記録された88。1900年以降だと61になりますが、このペースだと狙えるんじゃないか。

今日ゲーブ・グロスは代打で登場。無安打でした。